iProod

社長BLOG「販促気風」

アートバーゼル ツアー 2013

image2.jpeg

世界最大のアートフェアー、アートバーゼル。

スイスのバーゼルで毎年6月に開催される。

世界各国から6万人のコレクターやアートファンが集まり、

超一流作家の超高額な作品が取引される。

アートフェアー本体のまわりにもサテライトといって

数々の大規模フェアーが同時に行われ、

今ではその全体がアートバーゼルと認識されているという。

もちろん一日で回ることのできる規模ではなく、

まさに桁外れ、世界一の規模だ。

そんなアートバーゼルを一度はこの目で見てみたい!

というアート関係者の方も多いことと思う。

ただ、一人で行こうにもまずこの時期ホテルは

宿泊料金が高騰するばかりではなく、予約さえもできない。

ましてや広すぎるアートバーゼルの見所や、

どのサテライトを回ればいいのか、などもわからない。

そんなこんなで諦める人も大勢いると聞く。

そこで弊社のアーティスト応援プロジェクト、

APJ(アーティスト・プロデュース・ジャパン)では

旅行会社とタイアップし、アートバーゼルツアーを企画し、

なんとか10名程度の航空券と3星ホテルを押さえることができた。

利益は度外視して、 美術関係者との国内での交流を目的に

素晴らしい体験ができるツアーを画策している。

スイスの有名作家のアトリエ訪問や、

アートバーゼル創業メンバーの話が聞けたり、

出展ギャラリーや出展日本人作家と交流できたり、

地元バーゼルの超VIPで有名コレクターのコレクションが見れたりと、

普通ではちょっとありえない内容になるかと思う。

料金はホテルの高騰もあって普通のヨーロッパ旅行と比べて

高くなると思うが、4泊6日で40万円台で済みそうで、

その価値はアートを知る人には計り知れないものになるはずだ。

企画内容など決まり次第ウェブサイトで発表するので

もうしばらくお待ちください。

決まったものから順次Facebookページにて

発表していきますので、そちらもお見逃しなく。

http://www.facebook.com/artbaseltour

カレーガムの恐怖

世の中には

これは美味しい!と

堂々と言うのが恥ずかしいものがある。

美味しいと言った時点で

人格を疑われそうだと

思ったり、

人はこれを美味しいと

思わないんじゃないか?と

思ったり、

自称グルメのプライドに

かかわるんじゃないか

と思ったり。

そんなところが邪魔をして

美味しいと言うことがどうにもできない。

できない。

おおむねジャンクフードの類や、

品性が感じられない、

名物モノなどがそうである。

具体的にあげてみると、、、

やはり言わないことにしよう。

さて、こんなものが届いた。

img_0974.jpg

カレーガム。

早速封を開けてみた。

たいへん不味そうだ。

一粒食することにした。

そのまんまカレー味のガムだ。

いた、ちょっと待て。

ナンダコレハ。

う、、う、、う、、

いや、気のせいか、

もう一粒食してみた。

う、、う、、う、、

味の感想は

私の沽券にかかわるので

言わないことにするが、

あえて言うなら 

一般受けはしないと思う。

合コンや営業マンの話題作り

なんかには使えるかも知れない。 

全国の好事家諸君、

あなたならあちらの世界に

トリップすること

請け合いでございます。

1時間ほどで3つ目のカレーガムを

食しながらそんなことを思う。

美味しいと思うかどうかは

別として、何故だか

クセになりそうな恐怖と共に

味わってみるのも

これまた一興。

勇気のある方のみ挑戦あれ。 

カレーガムのサイト

http://www.hotjunky.com/curry_gum.html >> 

ちなみにこんな変態的なものをつくった、

ド変態は美大の同級生、

谷川太くんである。

Follow him.

http://twitter.com/#!/futoQ >> 

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

Copyright (C) iProod All Rights Reserved.