iProod

社長BLOG「販促気風」

これは売れまっせ!旦那。

ものが売れる要素はたくさんある。

手作り、ハンドメイド。

独自性、オリジナル。

品の良さ、ハイセンス。

かわいさ、キュート。

希少性、レア。

本物志向、オーセンティック。

質の高さ、ハイクオリティー。

必要性、ニーズ、シーズ。

などだ。

この中のどれか2つでも入っていたら

ヒット商品になる確率は高い。

それがペット用品とかだったらなおさらだ。

驚くことに、

上記の全部がエッセンスとして

盛り込まれた鞄が発売された。

知人の鞄職人、たむたむ師匠こと

田村さんの鞄ブランド、「アッシュ」。

その立ち上げの第一号商品だ。

なんと褒めていいかわからない。

思いつく言葉が多すぎて。。

これは売れまっせ。旦那。

http://job-jp.com/ah-001.html

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

ひな人形店はシーズンオフの時何をしているのか?

季節商売というものがある。

海の家、スキー場、ぶどう直売所、などなど。

極めて短期間の間に一年分

稼がなくてはいけないので

大変な商売だと思う。

ひな人形店などはその最たるもの。

3月3日その日にだけに意味を持つ

特別な人形の販売シーズンは

1月~2月の間だ。

その期間以外、何をしているのだろう。

私のお客さまでもある、

近所の「杉浦人形」>>さんに顔を出した。

ここは人形師が店主という、

知る人ぞ知る珍しいひな人形店だ。

もちろん普通の既製品も扱っているのだが 

オーダーメイドのひな人形を

直売してくれることで有名で、

シーズンともなると全国から引き合いがある。

で、シーズンオフは人形製作のため

店を閉じているかと思いきや

オーダーメイド用のひな人形の生地を

ずらっと展示していらっしゃった。

圧巻。

20090623362.jpg

ひな人形のオートクチュールともいうべき

このきらびやかな店内は

さすがに一般店ではできないこと。

シーズンオフでもいろいろな

仕掛けができるものだと感心した。

というより、 

シーズンオフだからこそ

できる販売形態があるということなのだ。

季節ものの商売の方法論は

不景気だ不景気だと嘆くばかりで

何もできない人の大いなるヒントに

なるかもしれない。

さて、あなたならどうする?

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

Copyright (C) iProod All Rights Reserved.