iProod

社長BLOG「販促気風」

カップラーメンは本当に3分でできるのか?

3分で何ができるのか?

と言われて思い出すものはいろいろあるが、

私が真っ先に思い浮かぶのはカップラーメンだ。

しかし、その3分というのはお湯が沸いていての話。

ヤカンのお湯が沸くまでには数分かかる。

その前に水はどこからくるのか?

蛇口をひねると簡単に手に入る水。

水源を確保し、水道という道をつくる、

そんな先人達の気の遠くなるような

努力の積み重ねがあってこその水である。

ヤカンも火も同じだ。

さて、ラーメンの方にも目を向けてみよう。

麺の主要成分は小麦粉である。

どこかの畑で誰かが丹精込めて育てたものを刈り取って

また別の誰かがそれを粉に挽いているはずだ。

スープや具のことはいちいち言うまでもない。

さらにその前にカップラーメンは日清食品の創業者、

安藤百福氏の10年の思いと1年間の研究で

ようやく商品化している。

そうやって限りない人々が長い年月をかけて

下準備をしてくれたからこそ

私はお湯を注ぐだけで3分でラーメンが食べられるのだ。

きわめて当たり前の話だが、

何にでも通用する話だ。

あらゆることは奇跡である。

そんなことを思って今日はカップラーメンを食べた。

いつもより美味しく感じたかと言えば

そんなことはなく、いつもの味であった。

トラックバックURL: http://iprood.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=303





Copyright (C) iProod All Rights Reserved.