iProod

社長BLOG「販促気風」

カップラーメンは本当に3分でできるのか?

3分で何ができるのか?

と言われて思い出すものはいろいろあるが、

私が真っ先に思い浮かぶのはカップラーメンだ。

しかし、その3分というのはお湯が沸いていての話。

ヤカンのお湯が沸くまでには数分かかる。

その前に水はどこからくるのか?

蛇口をひねると簡単に手に入る水。

水源を確保し、水道という道をつくる、

そんな先人達の気の遠くなるような

努力の積み重ねがあってこその水である。

ヤカンも火も同じだ。

さて、ラーメンの方にも目を向けてみよう。

麺の主要成分は小麦粉である。

どこかの畑で誰かが丹精込めて育てたものを刈り取って

また別の誰かがそれを粉に挽いているはずだ。

スープや具のことはいちいち言うまでもない。

さらにその前にカップラーメンは日清食品の創業者、

安藤百福氏の10年の思いと1年間の研究で

ようやく商品化している。

そうやって限りない人々が長い年月をかけて

下準備をしてくれたからこそ

私はお湯を注ぐだけで3分でラーメンが食べられるのだ。

きわめて当たり前の話だが、

何にでも通用する話だ。

あらゆることは奇跡である。

そんなことを思って今日はカップラーメンを食べた。

いつもより美味しく感じたかと言えば

そんなことはなく、いつもの味であった。

戸出雅彦「IROE の器」

栴檀は双葉より芳し。

昔の人はよく言ったものだ。

学生時代、こいつは面白い!と

思った人は、だいたい大人になっても

面白いことをしている。

さて、この人は昔から面白かった。

戸出さんは金沢美大の先輩。

先日金沢に仕事で行った際、

偶然かつ奇跡的な再会を果たし、

刹那、楽しい時間を過ごしたのだが、

先ほどその戸出さんから個展の案内が届いた。

先日お会いした際、

「俺は使いにくいポットとかを作って世間に物申している。」

と冗談とも本当ともつかぬことを

言って笑っていたが、

作品の写真を見てニヤリ。

その真意が理解できた。

確かに使いにくそうだ。

だけどその私小説風ポットは、

普通のポットの数万倍の魅力的なオーラを醸し出しながら

なんとなくそこに存在している。

その「なんとなく」を切り取って、

特別な世界に仕立て上げるところに

戸出さんの力量を感じ取ることができた。

西麻布のギャラリーMITATE

首都圏の方はぜひご覧ください。

doc20110826160058_001.jpg
doc20110826160041_001.jpg

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

Copyright (C) iProod All Rights Reserved.