iProod

社長BLOG「販促気風」

カレーガムの恐怖

世の中には

これは美味しい!と

堂々と言うのが恥ずかしいものがある。

美味しいと言った時点で

人格を疑われそうだと

思ったり、

人はこれを美味しいと

思わないんじゃないか?と

思ったり、

自称グルメのプライドに

かかわるんじゃないか

と思ったり。

そんなところが邪魔をして

美味しいと言うことがどうにもできない。

できない。

おおむねジャンクフードの類や、

品性が感じられない、

名物モノなどがそうである。

具体的にあげてみると、、、

やはり言わないことにしよう。

さて、こんなものが届いた。

img_0974.jpg

カレーガム。

早速封を開けてみた。

たいへん不味そうだ。

一粒食することにした。

そのまんまカレー味のガムだ。

いた、ちょっと待て。

ナンダコレハ。

う、、う、、う、、

いや、気のせいか、

もう一粒食してみた。

う、、う、、う、、

味の感想は

私の沽券にかかわるので

言わないことにするが、

あえて言うなら 

一般受けはしないと思う。

合コンや営業マンの話題作り

なんかには使えるかも知れない。 

全国の好事家諸君、

あなたならあちらの世界に

トリップすること

請け合いでございます。

1時間ほどで3つ目のカレーガムを

食しながらそんなことを思う。

美味しいと思うかどうかは

別として、何故だか

クセになりそうな恐怖と共に

味わってみるのも

これまた一興。

勇気のある方のみ挑戦あれ。 

カレーガムのサイト

http://www.hotjunky.com/curry_gum.html >> 

ちなみにこんな変態的なものをつくった、

ド変態は美大の同級生、

谷川太くんである。

Follow him.

http://twitter.com/#!/futoQ >> 

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

トラックバックURL: http://iprood.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=276





Copyright (C) iProod All Rights Reserved.