iProod

社長BLOG「販促気風」

よくあること?新しいこと?

居酒屋で宴会の途中、

レースクィーンのような出で立ちの女性が

「ちょっといいですか~?」なんてやって来た。

煙草のプロモーションだった。

新製品の味見をせよという。 

街角に立っている姿は見かけたことがあるが、

こんな場所に来ること自体、意外だ。

理由はどうであれ、 

腰を落ち着けて酒を飲んでいる男連中が

半裸の若い女性の話を

聞かないわけがない。

その煙草がヒットするかどうかは別として

プロモーションとしてはうまく考えたものだ。

話を聞いてもらえるような人が集まる場所と

話を聞いてもらえそうな時を考えれば

 営業のチカラは何倍にもなる。

そんな基本中の基本とも言うべき気づきを

このような荒技で得ることになろうとは

恐れ入谷の鬼子母神である。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

自由研究

息子の自由研究のテーマは

安易に決定した。

夏休みの友に書いてあったからだ。

町の探索と絵地図作成。

これも夏休みの友に書いてあった、

未来の都市をつくると言うテーマは

自由研究などではなく工作だから

そんなものやるべからずと

父である私に こっぴどく叱られて、

それならばとやっと見つけたテーマだ。

それが町の探索と絵地図作成。

あまりにも安易な選択なので

親の私は面白くない。

せっかくなので近所にある高根の森で

生き物をたくさん発見し、生き物絵地図を

つくったらどうかと提案したら

それ面白いねえ、と、やはり安易に決まった。

子供の世界に介入しすぎかとも思ったが、

これが息子の人間の幅を広げる

きっかけにもなればそれでいいのだ。

フィールドノートの書き方を

少々レクチャーし、 息子よ後は任せた。

一人で意気揚々と森に入っていく息子の

後ろ姿を頼もしげに見送る父親であった。

家に帰ると息子が一言、

とうちゃん、生き物探したけど

ツチガエルとオニグモの

2匹しかいなかったよ。

・・・・

おまえ、何時間も森にいて

2種類の生き物しか見つからなかったのか?

そんなわけないやろ。

しかもそんなこと嬉しそうに言うな。

今度お父さんが一緒に行って生き物の探し方教えてやる。

・・・・

親の介入度は深まるばかりである。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

サマーウォーズ感想というよりも・・

サマーウォーズを観た。 

今回は細田監督自身の原作ゆえに

彼の世界観がよりいっそう

色濃く反映された映画となっていた。

この壮大かつミニマムなエンターテイメントの

要素はいろいろあるが、

「もう一つの世界」、「つながりの大切さ」、

「家族の絆」、「淡い恋心」などのテーマの大半は

学生の頃すでに彼の中に芽吹いている。

彼は美大の学生の頃から

「もう一つの世界」の存在を感じ、

その世界について語り合い、

それを表現しようとあがいていた節がある。

今回の映画ではインターネットの世界として

うまく表現されている。

人とのつながりの大切さも

学生時代にたくさんの人と共に

いろいろなことを企て、カタチにしていたので

縁のすばらしさを実感したことだろう。

淡い恋心は・・・・

まあ、ここでは言わないことにする。

おまけに、車のカセットテープは

いつも山下達郎だった。

というわけで、彼は全然変わってない。

無論、いい意味で。

今回の映画はそんな

普通の人の心を持ち合わせた天才の

天才たるところが見事なまでに形になっている。 

ありえないストーリーだとかそういった理屈抜きに

感動で心が震えた。

41才の単純男がまた映画館で泣いた。

20才の誕生日に学生細田が言った、

「俺は10代にして天才と言われるチャンスを

逃したことが悔しい。」

という言葉が未だに忘れられない。

いいじゃん。40代の天才でも。。

とにかく観に行ってみてください。

面白いから。

エンドロールが全部終わるまで

観客が一人として席を立たなかったのが

なんだか同級生として誇らしかった。

http://s-wars.jp

■人気ブログランキングに参加しています。
私の順位は何位でしょう>>

ツイッターにハマッター

思いついたひとことをチョイと報告する形式のブログ、

ツイッターを始めてみた。

1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方>>という

ありえない本をいつのまにか出していて、

ありえないほど売れっ子になった、

小さな会社のウェブマスター応援団長こと、

高木芳紀氏>>のブログ啓蒙の術中に

見事なまでにはまったわけなのだが、

あの勝間和代さんもtwitterでの記事を

一日にものすごい数書かれていて、

いちいちフォローすると勝間さんの

一日の動きをうかがい知ることができる。

これではまるで彼女のストーカーではないか・・

と頬を赤らめるくらいなのである。

私もしばらくは

心に映りゆくよしなし事を

そこはかとなく書きつくることにしよう。

http://twitter.com/shimotamari

あやしうこそものぐるほしけれ。

■人気ブログランキングに参加しています。
私の順位は何位でしょう>>

水谷イズル新作ハワイアンシャツ

世界をまたにかけて活躍する

美術家、水谷イズル氏。

今、各国の美術館やコレクターが

彼の作品を欲しがっているらしいので

まもなく大きくブレイクするだろう。

そんな氏の作品をプリントした

ハワイアンシャツが出来上がった。

服と言うよりはアートに近いと思う。

ハワイアンシャツブランドフルペナ、

季節外れの始動間近。

また楽しみが一つ増えたのである。

20090804431.jpg

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

Copyright (C) iProod All Rights Reserved.