iProod

社長BLOG「販促気風」

オヤジのこと

私の父は1931年大阪生まれ。

私が物心ついたときはおとなしい

腕の立つ造船職人だった。

そんな彼にも真偽のほどはわからないが、

数々の武勇伝がある。

昔、大阪のやんちゃ坊主で、

インディアン>>というバイクに乗り

遊び歩いていたという。

小学校を中退し、

戦後の闇市で石けんや煙草を

自分で違法につくって販売して

しこたま儲けたという。

歌手になりたくて、 

笠置シヅ子>>の付き人をしていて、

第一回レコード大賞受賞の水原弘>>

かわいがってもらっていたという。 

神戸の某有名組織の三代目さん>>

おまえはええ男やと言われ、

熱烈にスカウトされたが断ったという。

その断り文句は

「私にはそんな度胸おまへん。」

断る方が度胸があると思う(笑)

造船が華やかかりしころ、

下玉利組という造船会社を興し 

部下の保証人になって逃げられ、

会社をたたまざるを得なかったという。

お人好しで子煩悩、

人気者で努力家

バイタリティーがあって

底には熱いものがある。

この人の子供でよかった。

としみじみ思うのである。

オヤジからは勇気と知恵

そして人の徳。

そんな莫大な無形資産を

たくさんもらった。 

感謝してもしきれない。

そんなオヤジであるが、今、

脳梗塞が再発し入院している。

そろそろ覚悟しなければいけない。

かもしれない。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

相生座

20090425309-panorama.jpg

岐阜県瑞浪市の山奥に

相生座>>という古い建物を訪ねた。

江戸時代の風情を残す芝居の劇場だ。

館長の小栗さんの話が面白かった。 

文楽の人形遣いで人間国宝の

吉田簑助さんを案内されたとき、

靴を脱ぐのも忘れて

吸い込まれるように舞台に上がられ、

ここでやりたい。と言われたそうだ。

その一週間後、

弟子の桐竹勘十郎さんが来られ、

公演が決定した。

第一回目相生座文楽公演。

劇場の魂が名人を呼び、

名人がそれに応えた。

そう考えてもおかしくない縁だろう。 

さて第二回の文楽公演が

簑助さんを招いて5月30日と31日にある。

奇跡的にまだチケットが残っているらしい。

ご興味のある方は、是非。

http://www7.ocn.ne.jp/~aioiza/kouen-0905-bunraku.htm

弊社もお手伝いをすることになるかもしれない。

何のお手伝いかは

その話が決まったらお伝えします。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

三秒

商品を売る前に自分を売れ。

よくいわれる言葉だ。

ではどうやれば

自分を売ることができるのか?

それがブランディングの

基本的な考えだと思っている。

■何々らしくない誰々。しかし・・

たとえば金髪ロン毛の

革ジャン弁護士。

口を開けば優しさあふれた好青年。

または

■滑稽なほど何々らしい誰々。しかし・・

たとえば今時いない

ポマード七三分けの

紺色スーツの弁護士。

口を開けば駄洒落エロおやじ。

・・・どちらもGOODだと思う。

格好だけでもセルフイメージとポリシーが

初対面の人に一瞬にして伝わるのだが、

その上さらなる言動とのギャップが

人の心を揺さぶるのである。

名刺交換をするその前に

相手はあなたに対する態度を

すでに決めているのである。

その間三秒。

ウェブサイトもしかり。

あなた、または会社のウェブサイトは

どんな風に見られているでしょうか?

それが分かって初めて

次の段階に進むことができるのだ。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

なぜか家康公

ieyasu1.jpg

朝、東浦町商工会の

大西局長からの

電話が鳴った。

「於大(おだい)まつりの鎧行列、

みんな集まってるよ。

早くおいでよ!」

私は完全に眠りこけていたのだ。

ずいぶん前に鎧行列に

参加する約束をしていたのを

寝ぼけ眼で思い出した。 

万事休す。

今から急いで行きますと返事をして、

愛馬と私が呼んでいる

フェラーリではない車に飛び乗り、

フェラーリのように走った。

皆さんヒヤヒヤの心持でお待ちかねだ。

「来れぬなら来るまで待とうホトトギス」

なんと私は徳川家康公の役であった。

知らなかった・・・

なんとか間に合ってよかった。

わが町、愛知県東浦町最大の祭り、

「於大まつり」に

大きな穴を開けるところだった。

家康公を生んだ、

東浦出身の於大の方さま、

遅ればせながらこの息子

参上仕り候。

kicx8171.jpg

本日着用の鎧は、家康公の「花色日の丸威具足」

http://www.tokugawa-art-museum.jp/artifact/room1/02.html

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

みんなで探したちょっといい話

414nj8fbdhl_ss500_1.jpg

 いつもお世話になっている、志賀内泰弘さん。

「プチ紳士・プチ淑女を探せ」 運動>> の

代表をされているマルチなおかただ。

全国に広がる質の高い人脈と

類い稀なる素晴らしい人格で

「いい人」のいい話が集まってくる。

多数の著書もあるのだが、

また新刊の出版をされた。

私も昼食時、食堂にて早速拝読したが、

読む場所が間違っていた。

この本は人がいる場所で読んではいけない。

 紙ナプキンで目頭を押さえるような

恥ずかしい思いをすることになるからだ。

今日の私のように。

一人でこっそり読むことを

おすすめします。

アマゾンで買うことができます>>

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

エキスポタワー

奇才・建築家菊竹清訓氏の

名作は数あれど>>、とりわけ、

大阪万博のエキスポタワーは

深く私の印象に残っている。

40~50才代の大阪出身者で

大阪万博に思い入れのない人は

 おそらくいないだろう。

そんな理由からだ。

そして最近、

奇跡とも言える出会いがあった。

その方は当時、

菊竹氏の右腕的存在で 

そのエキスポタワーのディテールを

設計、管理されたという建築家だった。

今は名古屋にいらっしゃる。

当時のことをよく覚えていらっしゃって、

当事者しか知らない

エピソードや苦労話を

お会いする度に聞かせていただく。

現在、先生の設計事務所の

ウェブサイト制作を

させていただいているのだが、

いやはや役得である。

おねだりして引っ張り出していただいた

竣工写真には感激した。

私は人に恵まれている。

そんなことをしみじみ思う

春の夜更けであった。

20090413272.jpg

20090413273.jpg

20090413274.jpg

20090413278.jpg

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

柱は何本かあったほうがいい?

また新たなビジネスに

挑戦することになるかもしれない。

新しいタイプののコンテンツビジネス。

最低限の費用で

最高レベルの映像を生み出す

ノウハウとブレインが揃った。

当たり前のやり方では儲からない。 

からこそ、参入障壁ゼロ。

チャンスだ。 

ま、ぼちぼちいこう。

で、この話を連れ合いに報告。

「収入の柱は多い方がいいんだよ。」

と話をすると彼女、

「あんたの柱は霜柱やん。

踏まれて潰れてすぐ溶けるわ。」

・・・・・この人を説得するのが

一番の障壁かもしれない。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

本物になりたい

私のパソコンは、立ち上げ時に

指紋センサーで承認が必要だ。

今朝、指紋センサーがなかなか

私の指紋を読み取ってくれない。

指を当てる度に読み取れなかった

ことを意味するビープ音が鳴る。

そのピコン、ピコンという音に反応して

連れ合いが私に噛みついた。

「あんた、偽者だね?」

・・・・・そんなわけないやろ!

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

イメチェン

イメージチェンジして

髪型を少し変えました。

おかげさまで女性にも大人気です。

皆様とまたお会いする時が

とても楽しみです。

今後ともよろしくお願いいたします。

20081219072.jpg

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

Copyright (C) iProod All Rights Reserved.