iProod

社長BLOG「販促気風」

かちがわ大学

春日井市の勝川商店街の皆さんが 

企業再建のプロ中のプロ、毛利京申さんを講師に迎えて、

シリーズものの地域勉強会を開催されている。

その名も「かちがわ大学」。

勝川のモンシェルというおいしいパン屋の社長と

毛利さん本人のお誘いで

かちがわ大学に参加させていただいた。

毛利さんのすざまじい経験に基づく

感動的で実践的ななお話もさることながら、

勝川商店街のみなさんの町を愛する気持ちと、

何とかせねばという緊張感と、

実際必死でがんばっておられるその熱意に心打たれた。

全員一丸となって気持ちがひとつになると

これだけの勢いが生まれるのか、というくらい、

質の高いエネルギーが満ち溢れていたのだ。

さて、わが街東浦町も今、地元商工会を中心に、

「東浦、どげんかせんといかん。」

という空気が流れはじめている。

そこで私ができることは何であろうか?

しばらくかちがわ大学に通って学んでみることにしよう。

毛利さん、モンシェル社長の社本さん、

商店街のみなさん、とてもいい勉強になりました。

ありがとうございました。また来ます。

東浦町のどなたか、ご一緒しませんか?

モンシェルのクリームパンは絶品>>

毛利さんの企業再建力も絶品>>

そして、かちがわ大學>>

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

不思議体験

ここ最近、

あの人に連絡しなきゃと思っている時や、

ある人をふと思い出して、元気かなあ・・

などと思っているときに限って、

その人から電話がかかってきて

ドキッとすることが多い。

誰にでもよくあることとは思うのだが、

こう頻繁にあるとさすがに妙な心持になる。

オカルトや特定の宗教を完全に信じているわけではないが、

人の意識や念はちゃんと伝わっているのではないか。

とさえ思う秋の夜長であった。

どうせなら人に、いい“気”を送りたい。

それが人気という言葉の正体か・・・?

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

敵と味方

お金はクルマでいうところの燃料。

少しばかりは持っていないと

生きることすら困難になる。

そんなお金を何とかして取ってやろうと

する相手は、ものすごい敵だ。

あからさまにいやな顔をされ、

近づくことすらしてもらえなくなる。

ただ、お金をとろうなんて態度をおくびにも出さず

自分のために必死で何かしてくれる人は

心強い味方。もう身内である。

人はそんな相手に心も財布も喜んで開く。

と、まあそういうわけで、営業マンたるもの、

たまたま必要な時にタイミングよく現れ、

ありがとうと言われることに

全力をそそぐこそが必要なのだ。 

そのためには「買ってくれくれ」の営業では

きびしい。と思う。 

まずは初めて顔を合わせる人に対して

どんな顔で接するかが最初の大きな分かれ道となる。

戦う必要など何ひとつないのだ。

私のお客様にはそんな心が通じる「味方の販促」を

プロデュースできるよう、心がけている。

直接のお客様はちろん、そのまたお客様の

味方にもなりたいから。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

mixi

mixi と書いて、ミクシィ。

2008年7月13日現在で1500万人の会員を擁する、

言わずと知れた巨大コミュニティーサイトである。

そこは会員の紹介がないと入会できない閉ざされた世界。

その中で自己紹介をし、誰かと友達になり、

日記を書き、コメントやメッセージのやり取りをし、

あるジャンルで趣味の合うもの同士が

コミュニティーという、サロンのような場所で

かなりマニアックな情報交換をし・・などなど、

それぞれの会員同士が楽しみながら

莫大な情報を共有することになる。

そこで私は481,657番目の会員であり、

133人の友達がいて、

216のコミュニティに入っている。

普段なかなか会えない県外や海外の友人の

近況もよくわかるし、

好きなアーティストのコミュニティーに

入っていればコンサートや展覧会などの

情報にはことかかない。

友人とのコミュニケーションも深まる。

なんでもそうであるが、使いようによっては

その利用価値は計り知れないのだ。

私の知人で是非やってみたいという方は

招待状をお送りしますので、ご連絡ください。 

話は変わるが、

私はミクシィでも日記を書いていた。 

なぜ過去形なのかというと、

本日、このブログ「販促気風」をミクシィ日記として

ミクシィ内でも掲載する仕様に変更することにしたからだ。

時間的な制約もあり、「まあ、ええか・・いっとこ。」

と、まあこういうわけである。

ミクシィにアクセスする機会も少しは減るだろうが、

まだまだ使い倒そうと思っている。

ミクシィ友達の皆様、これからもよろしくお願いします。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

ホームページの更新

弊社でホームページをつくっていただいたお客様には、

更新の必要性と、その方法を説明している。

一番新しい情報を簡単に発表できることが

ホームページの最大のメリットであるからだ。

新商品情報も、キャンペーンや展示会情報も、

常にお客様にアクションを起こし続けてはじめて、

お客様の記憶に残る商売ができるというものである。

常に更新をしていると検索サイト対策にもなる。

そんな“ホームページの更新”であるが、

年に2~3回くらいの、頻度が少ないものは

私たちのような業者にまかせることが一番得だと思う。

文字や写真の追加と入れ替えなど

簡単なものであれば5千円~1万円程度で済む。

ただ、それも頻繁に更新をするともなると

自分で更新したほうがタダだし、早い。

お客様がご自身で更新をされるその方法はいろいろ。

■ 頻繁な更新が必要な情報はそこだけBLOGで更新する。

展示会・講演会・説明会情報、キャンペーン、社長日記など。 

■ 簡単な更新ソフトを使って更新する。

ページを増やさずに商品情報や業務内容などの更新。

■ 更新システムや高機能な作成ソフトを使用する。

ページをどんどん増やしたい・事業や商品展開に変化が多い場合。

だいたい上記3通りで間に合う。

月々数万円の契約で定期的に取材して

こちらで更新させていただいているお客様もいて、

専属で人を雇うことを思えばかなりお得なのですが、

自分でできる時間があればちょっとだけ勉強して

ホームページ更新にチャレンジしてみませんか?

弊社おすすめの更新ソフト、これは簡単です!>>

ここから宣伝です————————————————– 

上記ソフト“コントリビュート”と出張インストール・設定、

使用法完全個人指導つきで5万円のパッケージ料金で

提供しています。が、これも何かのご縁です。

「このブログを見た」という方は5千円引きで結構です。

さらに愛知・岐阜・三重県の方は交通費も無料キャンペーン実施中。

ここまで宣伝です————————————————– 

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

詐欺まがいのリース販売“ホームページ制作業者”

同業他社のことを悪く言うのは

本当はあまり気が進まない。

が、詐欺一歩手前のホームページ制作会社が

大手を振ってまかり通っているのも事実だ。

そんな業者がいるとなるとやはり断固として

警鐘は鳴らさなければいけない。

先日、クライアントがそれに引っかかったのだ。

泣きながら私に電話をよこしたのは

契約書に判を押して数ヶ月経った後である。

「無料で効果的なホームページを作りませんか?」

そんな甘い言葉にまんまと乗せられたらしい。

「ただし、サーバーの管理費用だけいただきます。

あとはお客さんがどんどん増えて儲け放題です。

更新が簡単にできるソフトでいつでも更新できます。 

SEOも無料奉仕!ホントにね。安い買い物ですよ。」と、

手八丁口八丁で契約をもぎ取っていく。

で、ふたを開けてみればその実、

更新ソフトとサーバーレンタルの代金180万円也。

月3万円×5年のリースを組まされるわけだ。

中には月5万円を支払っている人もいるらしい。

素人並みの個人に10万そこそこで制作させ、

あとは知らんぷり。できたホームページといえば

トップ+5ページくらいのしょぼいデザイン。

そんなボリュームであれば弊社では20~30万円程度で、

倍以上の価値があるものができる。

更新ソフトも2万円のもので十分で、

ドメイン・サーバー費用といっても

安いものなら月1,000円でかたがつく。

そしてそのクライアントは今、弁護士を雇い

契約を反故にしてもらおうとしているが、

リース契約のしくみを知り尽くした業者は

お抱えの弁護士を使い、いつでも戦闘体勢。

精根尽き果てて泣いて電話してきたわけだ。

でもそこまでくれば、私はもう何もできない。

授業料としてはあまりにも痛い出費であった。

聞いた話はそれだけだ。

というわけで、この記事をご覧の皆様、

おかしいと思ったら判を押す前に

私に相談してみてください。

ちゃんと金額を較べた上でも遅くないですよ。

別に私のところでつくらなくてもいいのです。

ただ、どうか、そんな業者にだまされないようにご注意を。

連れ合いはその営業力に逆に脱帽しておりましたが、

本当は一番だまされているのは営業社員かもしれない。

こんな簡単な検索でいろんな業者が出るわ出るわ>>

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

今日は曇り

クライアントの学校施設ウェブサイト、

そのリニューアルにあたって、

本日は写真撮影におうかがいする予定であったが、

朝から今にも降らんばかりの空模様。

電話をして撮影中止とあいなった。

広い施設が自慢の学校なので、

もう、絶対的にパノラマ写真が飛び道具となる。

弊社自慢の写真技術であるパノラマ写真が

こうやってどんどん世に出て行くのは

たまらなく嬉しいものだ。

普通のウェブサイトリニューアルで

パノラマ写真がおまけでついてくるのは

客観的に見てどう考えても、メチャクチャお得である。

 と、ちょっと宣伝したくなる今日と言う日であった。

私の愛する東浦町のウェブサイトもパノラマ始めました>>

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

連れ合いが旅に出たがっている。

そんなこともあって、

この秋は家族旅行でもすることに決めた。

人の旅自慢を聞くばかりでは

つまらないのだ。

ちょっと遠いところでゆっくりしたいと

考えて、思いつくのがこのあたり。

西に湯布院、道後温泉、萩、出雲、

東はといえば、松島やああ松島や松島や。

銀婚式かというくらい、いぶし銀のこのチョイス。

私一人が盛り上がり、

観光のウェブサイトなどを見ていると

何だかもう、行った気分。

お腹いっぱいで旅行なんてどうでもよくなってきた。

連れ合いよ、君が行き先を決めてくれ。

とは言ったものの、

ディズニーランドとかになるのではないかと

目下のところ戦々恐々ではある。

嗚呼、旅情。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

幻を見た。

名古屋は長者町、フレンチの大御所、

レストランツキダテでランチをいただいた。

このお店、知る人ぞ知る名店なのだが、

実はランチがお手ごろなのである。

野口英世一枚で今日もご馳走にありつけた。

ツキダテさん、いつもありがとうございます。

パンのお代わりまでいただき、

お腹一杯になった後はシェフの築館さんに、

食べ物の話から商売までいろいろ教えていただく。

これまたいつもながらの格別の味わいなのだが、

今日のトピックは特に特ダネであった。

「下玉利さん、今日ね、鮭児(けいじ)が入ったよ。」

マジ!? 

鮭児といえば普通の鮭1万本に対し

1~2本しか揚がらない幻の鮭。

名古屋で1日3本出回るかどうかのシロモノ。

詳細は他のサイトの説明をご覧いただくとして、>>

そこまで言われて、1本10万円の鮭というものを

食べずに帰るのは男がすたる。と、

そっと財布に手をやった。

はい。男なんて、すたってナンボでございます。

せめて一目だけでも見せてくれと懇願する有様は

男どころか人間廃業寸前の姿でありました。

いつか家族で1本食い尽くしてやる・・・

人生の目標がまたひとつ増えたという

お話でございました。チャンチャン。

20081021789.jpg

そういえばチャンチャン焼きも美味しいかも、なんて・・・

霧多布港の今年29本目とナンバリングされた鮭児。

20081021790.jpg

写真は10万円をだいじそうに抱える築館シェフ。

私の羨望の眼差しが突き刺さった鮭を味わうのは誰?

それはまだここの冷蔵庫に保管されている>>

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

脆弱という言葉を読めますか?

恥ずかしながら、

私の脳はこれを「ぜいじゃく」と読むのに

適したつくりにはなってないらしい。

仕事柄、パソコンを使う機会が多いので、

その分、この言葉に触れることも多い。

システムの脆弱性が見つかった・・・・などの

IT系のニュースをさんざん目にしていても

はて、なんて読むんだっけ・・・と、

一瞬考え込んでしまう。何度もだ。

最終的には意味も読み方も思い出せるのだが、

出てくるまでに2秒はかかる。

私の言葉の法則では、これは危険の「キ」と

読まなければなんだか気がすまないからだ。

だからよくわかります。

間違って覚えてて、したり顔で

「そのソフトの “ キジャクセイ ” が恐いんですよねえ。」

なんて言っているキナ臭い人の気持ちが。

それだけに、そんな人を発見したときは

愉快でたまらない。

意味もわかるので、あえて聞き流すようにしている。

「もっと “ ヒンヨク ” になれ!」と言う人と同じように。

■人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックをお願いいたします>>

Copyright (C) iProod All Rights Reserved.